企業が、製品や商品の販売やサービスの提供をするにあたって、顧客について調べる行動に市場調査があります。調査は様々な市場において行われますが、この場合、利用される企業として市場調査会社があり、経済紙等においてはマーケティングリサーチとして表現されています。依頼するにあたってはポイントを押さえおくことが重要になりますが、ここでは、利用に対しての企業側のスタンス、依頼するにあたっての注意点を把握しておく必要があります。また、調査方法によっても違いがあり、特徴を理解した上で選択をすることが重要点の1つにもなります。調査方法には、主なものとして、アンケート調査、1対1での対面調査、1対グループによる対面調査、郵送調査、電話調査、インターネット調査、現地調査などがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

調査を依頼するにあたっての企業側に求められるスタンス

調査会社への依頼では、企業側は、目的を明確にすることが非常に重要な要素となります。何のために調査を行うのか明確に伝えることで、調査会社は最も効率的な方法を提案できることになり、企業側にとっても大きなメリットにつなげることが可能となります。調査は、依頼をすることで調査会社が綿密な計画の策定を行い実行に移すことになりますが、この場合、企業側においてもスケジュール管理等しっかりとした方向性を持つことが重要です。スケジュールの提案が無い場合には、依頼される側もどの程度の期間を設けてよいのか判断に困ることになり、例えば、調査の特性の1つとして、長期間になればなるほど結果が均一化することを理解しておく必要があります。市場調査でよくありがちなケースとして、本来の意味が希薄になることがあります。その原因は方向性を定めていいないことがあり、この場合、対象が広範囲となり信頼性の低い結果となる可能性が大きくなります。

市場調査会社を選ぶ場合の注意点について

調査においては市場調査会社の選択も重要点の1つになります。調査会社は数も多く存在しており、企業側は注意点を把握した上で依頼の判断をすることが必要になります。市場調査会社には、多くの内容を対象範囲とする大手の調査会社から、範囲を定めた、より狭い市場に特化をした調査を得意とするところもあります。調査に高い信頼性を求める場合には調査会社の特性を把握することが重要になり、依頼では事前に情報を得ることが必要になります。調査会社は、企業側からオファーを受けることで前段階のアクションとしてプレゼン等を行いますが、この場合、実績の確認が重要になります。企業のニーズに応えられる内容となっていれば依頼をする価値は高まることになり、判断は、データ収集の量や分析手法から行うことができます。選択においては、どの程度のサンプル数が信頼できるのか、明確に返答ができる調査会社を選ぶ必要があります。少ない場合などでは、せっかく調査をしても参考にはならず、市場が求めているものも分からなくなります。