市場調査会社は日用品や化粧品・食品など、さまざまな分野に関する情報を調査・収集したり分析している企業で、スタッフを派遣したり調査しデータやレポートを纏めてクライアントに提出しています。エレクトロニクスや自動車・インフラなど、クライアントの要望やニーズに応じて対応している企業です。調査方法は各市場調査会社によって異なりますが、主に専門のスタッフが調査対象となる人や場所を訪問したり、面接したり取材を行います。対象となる業界の関係者に密着することで、継続的に情報を収集することも可能です。もちろん調査の機密は保持され、情報に関しては徹底的に管理されます。一般的にプロジェクトチームなどを組むことによって、組織的に活動したり調査を行ったり、クライアントに対して報告や提案を行うことも可能です。

さまざまな市場を対象に調査を行います

市場調査会社はさまざまな分野の調査を行い、アンケートやインタビューなどを利用します。例えばフードサービス関係では、加工食品や健康食品・スイーツなどが対象です。対象となる食品がどれぐらいの頻度で食べられているか、どの世代によく食べられているか、味について感想などを調査しデータを収集します。化粧品やトイレタリー関係では、どのような化粧品を使用しているか、1日の内どのタイミングで化粧品を使用しているか、どのような年齢層に使われているかなどを調査し、購入者のニーズや好みを調査します。その他にも住宅設備や自動車など、多種多様なマーケットを調査し、さまざまな項目においてユーザーの好みやニーズ・要望などを細かく分析し、クライアントの商品開発などに役立っています。

さまざまな項目について調査します

市場調査会社はさまざまな項目について調査を行い、クライアントに報告しています。例えば特定のマーケットの調査の場合、マーケットの規模とその予測の調査や、トレンドやマーケットシェアの分析です。参入する企業の動向を調べたり、有望分野の分析も行います。消費者調査の場合、メーカー毎や製品毎に調査したり、顧客満足度のサンプリング調査を行ったり、グループインタビューをすることも可能です。海外調査の場合、競合する企業を調査したり、政策や法令などの参入する際の障壁を分析したり、習慣を分析します。流通調査の場合、価格戦略を分析したり、物流チャンネルの分析を行うことが可能です。調査の手法は電話調査や郵送による調査、訪問したり面接するなどの取材を行いますが、近年はインターネットを利用した調査が多く利用されています。