企業が商品開発や販売促進を行うために、事前に顧客のニーズや動向を分析・調査する活動として市場調査があります。市場調査は、現在、製品開発だけでなく製品への改良を加える場合にも欠かせないプロセスの1つとなっており、多くの企業が採用をしています。市場調査は、企業自らが行う場合もありますが市場調査会社が利用されることも多く、ここでは、より詳細なデータの収集と分析が可能となります。ただし、存在している調査会社は大規模企業からインターネット調査に特化をしているなどその数も多く、依頼する場合には特徴を十分に把握した上で判断をすることが重要な要素の1つとなります。選択では、どのようなメリットとデメリットがあるのか事前に確認をしておく必要があり、どの調査方法に実績のある調査会社なのか把握をすることが大切になります。

市場調査会社に依頼をするメリットについて

企業が市場調査を外部に依頼をするメリットには、大きく3つの内容を上げることができます。まず、1つには第三者からの意見を聞けることがあり、調査を行うことで商品やサービスの改良点などを確認することが可能となります。2つ目としては顧客の要望を把握できる点があります。事前に顧客が求めるものを把握することができるために、新商品の開発、販売に関して高い効果が期待できることになります。また、最新のトレンドを知ることができるために、企業側は資源集中が可能となり、より効率的に資金を振り分けることができます。3つ目のメリットは、市場調査に対しての労力の削減化を図れることがあります。例えば、企業内において担当者も設け調査を指示されたとしても、専門性がなければ、情報収集から分析までは難しくなります。依頼をすることで調査にかかる時間も効率的に利用することができ、何といっても信頼性の高いデータの収集と、契約内容によってはプロの目から見た分析サービスも受けることが可能となります。 

市場調査会社に依頼をする場合のデメリットとは

調査会社への依頼では、メリットがある一方、デメリットもあることを理解しておく必要があります。まず1つには、依頼先によっては信頼性のあるデータが収集できない点があります。調査会社には様々なタイプがあり、多くの対象に対して調査を行うところから、限られた市場の調査を得意としているところなど特徴に違いがあります。そのために依頼先を間違ってしまうと、情報の信頼性が低くなり分析内容も不確かなものになります。次に、調査実績があります。実績のない調査会社を選んでしまうとほとんど利用できない情報が集まることになり、企業側が掲げる目的に寄与できないといった状態にもなりかねません。費用面に関してもデメリットの1つとなります。調査にかかる費用は、調査会社や採用される方法によって大きく異なります。対象人数にもよりますが、例えばインターネットでは50,000円程度から、会場調査では295,000円程度から、グループインタビューでは66,500円からなど違いあり、調査母体が大きくなればなるほど、その分大きな費用が必要となります。